​STORY

一人のクライマーがいた。

彼は人生の半ばで視力を失ったが、それでも世界の頂上を目指した。

 

一人のクライマーがいた。

彼は、視力を失ったクライマーと出会い、ともに世界の頂点を目指すことにした。

 

身体障害者がその頂点を目指し競うパラクライミング。世界中の選手がしのぎを

削るパラクライミング世界選手権で、2019年に4連覇を果たし、再び表彰台の

頂点に立った小林幸一郎。そして、視覚障害のあるクライマーにとって欠かせないナビゲーターとして共に競技に挑む、鈴木直也。

前人未到の偉業にも関わらず、パラクライミングへの注目度は低く、東京オリパラでも蚊帳の外。

パラクライミング普及のため、日本パラクライミング協会の会長職を引き受ける

ことにした2人であったが、資金難・スタッフ不足と悩みは尽きない。

それぞれNPO法人の代表、クライミングジムの経営者という顔も持ち、夢を追いかけてきたが、厳しい現実を思い知る日々を過ごしている…。

そんな中、鈴木は自身のクライミングの原点であるコロラド州、そしてユタ州の

砂岩へと小林を連れ出すことにした。

「なぜ、登るのか?」その答えを求め、2人の旅が始まる…

パラクライマーは、ロープをFigure8(8の字結び)で自らに結びつけ、パートナーにそのロープとともに命を委ね、岩を登り続ける。

そして人と人も、見えないロープで誰かとつながる運命を持っている…

 

この映画は壁に向き合い、壁と共に生きる、

2人のクライマーの魂の彷徨を描く、ドキュメンタリー映画です。

 

​CAST & STAFF

小林幸一郎
​1968年 東京生まれ
​16歳の時にフリークライミングと出会う。28歳で「網膜色素変性症」という目の難病
が発覚し、将来失明すると宣告される。
2005年にNPO法人モンキーマジックを設立、「見えない壁だって越えられる」を
​コンセプトに、フリークライミングの普及に努める。
競技者として2011年に世界クライミング選手権B2クラスで優勝。
2014年、2016年、2018年、2019年 世界パラクライミング選手権B1クラスで
​優勝し、目下4連覇中。
鈴木直也
​1976年 東京生まれ
​15歳の時にアメリカでフリークライミングと出会い、その後単身で渡米。

その後アメリカ山岳ガイド協会の認定試験を受け、日本人初の協会公認

クライミングインストラクターとなる。

2011年から、パラクライミング世界選手権の日本代表チームに同行。

2013年には株式会社サンドストーンを設立。

国内外問わずクライミングガイドをしながらクライミングジムを

横浜と大阪で経営する。

​プロデューサー・監督  中原想吉(インタナシヨナル映画)
制作補         Jean Philippe Martin (インタナシヨナル映画) 
​製作  Figure 8 製作委員会
    NPO法人モンキーマジック、株式会社サンドストーン、インタナシヨナル映画株式会社による共同運営
​協賛企業
スクリーンショット 2020-02-11 16.50.01.png
スクリーンショット 2020-02-11 16.54.43.png
スクリーンショット 2020-02-11 16.50.43.png
 
 

© 2020  Figure 8 製作委員会